INDEX > 旭川市旭山動物園 > ほっきょくぐま館

ほっきょくぐま館


Observation facilities [ HOKKYOKU-GUMA Pavilion ] 2001

 ほっきょくぐま館は、2つの放飼場があり、中から陸上へといろいろな角度から観察ができる動線としている。放飼場にはガラスを介し、水中と陸上の双方を同時に見ることができる。大きなガラスでパノラマ状にするとダイナミックですごいのかもしれないが、ここではあえて分割し、景色トリミングすることで、的を絞り込んだ観察ができることを意図した。また、「疑似体験用カプセル」は、野生でアザラシが氷の隙間から頭を出した目線で捕らわれる時の迫力を体験できる。ホッキョクグマは見掛けに反し繊細な性格であることから、岩肌の周景を兼ねた遮音壁や滝を施し、自然界の音をつくるなどの配慮をしている。

 
用途 動物パビリオン
建築面積 792m²
延床面積 1,187m²
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上1階 地下1階