INDEX > 作品紹介 > 住居施設(一般住宅) > 美瑛町 E邸

美瑛町 E邸


Residential construction 2009

 この建物は丘の街美瑛町に建つ住宅である。ただ美瑛といっても丘の上に建つわけではなく、敷地は近年造成された一般的な住宅地である。建て主夫婦は美瑛及びその近隣に生まれ育ち、この街で働き、この街で子供を育てていこうとする美瑛に深く根付いた二人である。そんな夫婦からの要望は明るく、子どもとの時間を大切にできるもの。1階を生活の基本の場として2階は寝室があれば良いといったシンプルで正統的なものであった。使用する材料は広く普及しているものや地場産材など経済的なものを選びながら、その使い方を吟味して用いている。平面計画においてはキッチンを中心に食事スペース・学習、家事スペース・寝室・水廻り・テレビを見たり子供が遊ぶスペースなどを配している。透けや抜けを立体的に構築しながら回遊性を持たせることで、広がりと多様性があり、一体的で家族の気配りを感じる空間を実現している。また、断面計画においてもこの地域で古くから用いられているギャンブレル屋根をモチーフとしていることで、地域の原風景を継承している。奇をてらわず基本的なことを突き詰めてつくったこの家は、建て主夫婦の生きざまを反映している。美瑛の正統派家族の静かな生活が、丘の上に建たないこの家で始まった。

北海道 上川郡美瑛町
用途 住宅
建築面積 125m²
延床面積 171m²
構造 木造
階数 地上2階