INDEX > ボルネオ保全トラストジャパン

ボルネオ保全トラストジャパン

BCTJ-member

持続可能な地球環境 を次世代に引き継ぐ

 
 生物多様性保全のために、保護区と保護区を結び野生動物が生命をつなぐ「ボルネオ緑の回廊」をつくり、地元の人々が持続可能な資源活用やエコツアーなどをできるようにし、アジアの市民や子どもたちに環境教育を通じて生物多様性の重要性、持続可能な社会のあり方を伝えることで、人間と自然が共生できる持続可能な地球環境を次世代に引き継いでいくことを目的にする。
 

背 景

ボルネオというと「豊かな自然」のイメージが強いのですが、実際には森林伐採、アブラヤシのプランテーションへの転換が進み野生動物たちは棲み処を追われています。
オランウータンやテングザルなどは絶滅さえ危惧されています。
一方、アブラヤシから採取されるパーム油は食用、洗剤、バイオ燃料など日常生活でよく使われており、発展途上国の人々の重要な油糧となっています。
持続可能な資源利用を考えるとともに、野生生物の絶滅(その存在すら知られない種も多い)を防ぐために、すぐアクションを起こす必要があります。
 

活 動

1、ボルネオ緑の回廊をつくる活動(カンバッチ募金、パネル展)
2、オランウータンのための吊り橋プロジェクト
3、野生生物レスキューセンター(ボルネオへの恩返しプロジェクト)
4、広報・環境教育(月例会、講演会、ワークショップ、イベントなど)